自殺11年ぶりに増加 2020年

つぶやき  ニュース  プロ野球 カムカムブログ
つぶやき・プロ野球・ニュース・FX外国為替取引・PCインターネット - にほんブログ村
若者の「不詳の死」をどう防ぐのか――遺族らが語った兆候と背景
2020年のデータなのだけど、就職活動中の若い方ならこんな社会に不安以外ないと言うことはとてもよくわかる。
生活すべてが不安。だって政府や行政空っぽだもの。

私は単純に人間は誰しもが人間を希望して生まれてくるわけではない。親の勝手で人間を開始する。それが動物の運命。
人間はほかの動物より賢いのであれば、人間として生まれてきたら、死ぬまで必要最低限の生活を支える仕組みが必要だと感じている。

何事も遅い法律を作る連中があの調子ではまったく期待できないが、本来であれば、アメリカのようにベーシックインカムをテスト的に行うなり未来へ向けて動いていないといけないにも関わらず、五輪の為のワクチン接種数稼ぎだけが目的の政府には期待できない。
かと言って揚げ足取り専門野党にも任せられないしどうしようもない。

お金、生きがい、存在意義、価値、いろんなものが不安であると思う。
その中で必要最低限生活は補償する形、ベーシックインカムの形を作り、自身を探す時間、人それぞれ違うのだからあっても良いと思う。

それすらもなく、昔ながらのほったらかし社会ではこれからの若者は生きる意味を見出すことすら難しいわよね。

若い分、開き直るよりも自身を追い込み過ぎて自殺してしまうケースも少なくないと思う。誰かが気づいたらいいけど、なかなか今の社会では気づくにも気づけないしとても難しい問題だと思う。