九州南部と四国は線状降水帯発生のおそれ


広告



——————————————————
北上した梅雨前線上に低気圧が発生して九州南部と四国は線状降水帯発生のおそれ・九州北部は梅雨入り
低気圧の通過によってほぼ全国的に雨となる6月18日も真夏日や夏日を観測する地点は少ないのですが、低気圧が通過して前線が南下する6月19日以降は、再び、晴れて気温が上昇し、真夏日や夏日を観測する地点数が増えてくる見込みです。ただ、これまでの暑さは、梅雨前線の北側の大陸育ちの高気圧の中での強い日射による暑さ(湿度が低い暑さ)が多かったのですが、今後は、太平洋高気圧が北へ張り出して熱中症になりやすい湿度の高い暑さが増えてくる見込みです。

不安定な天気が続きそうですね。外出の際は傘を忘れることなく、備えが必要です。
九州や四国エリアの方々は線状降水帯発生のおそれもあるとのことですので、十分に注意しましょう。
——————————————————
広告
商品紹介