首相「国民の命と暮らしを守り抜く」

広告 https://www.xdomain.ne.jp/

防衛有識者初会合、抑止力強化で一致…首相「国民の命と暮らしを守り抜く」
首相は「有事であっても、我が国の信用や国民生活が損なわれることを防がなければならない」と述べ、経済財政の在り方についても議論を求めた。

防衛費もそうなのだけど、生活困窮に関しては、これまでの生活困窮者はいたけど、自己責任論でほったらかしにされてきた。

海外へは財布の紐はユルユルでも国民に対しての支給についてはケチケチ。

誰がこの形を作ったのか知らないけど、海外よりまず国民の生活困窮者を救ってフラットな土台を作ってあげることが必要だったのよ。

自己責任って言ったって、人間に向かない人、社会に適合しない人一定数いるわよ。

それはその人の努力が足りないなんて判断は、思考力の薄さが際立つわよね。

人間始めたくて始めるものじゃないでしょ。
親のエゴでもあるわけで。

人間に向かないにも関わらず人間やってる方もいる。
そういう方々は努力云々でも自己責任どうのこうのの話ではない。

そりゃ人間に向いてる人や社会に適合できる人からしたら優位な立場にたってああだこうだ言えるでしょうけど、それもたまたまだからね。

努力が足りないって努力しても出来ないことは誰しもある。
それが「生きる」と言うことだっただけの話。

これまで稼げる人への政策ばかりで、稼げる人が恩恵を受けることがほとんど。

生活困窮者に対しては自己責任と言ってほったらかしてきたツケがコロナ禍以降、政府にのしかかっている。

ベーシックインカムも嫌でも始めなくてはいけない状況にまでなっている。

財政に関しては、出し惜しみなく、国民を救う姿勢を政府は見せないと、本当に日本社会は崩壊してしまう。

キッシーには期待はしてないけど、やってもらわなきゃ困るわよね。

——–広告——–
格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』