MLB170キロ右腕 ベン・ジョイス投手

広告

ジョイスは投球の体勢を崩さず打者を待ち、170キロを投じた
今夏のドラフトでエンゼルスに3巡目(全体89位)指名されたベン・ジョイス投手は、テネシー大時代に105.5マイル(約169.8キロ)の剛球を投じて度肝を抜いた。その速球もさることながら、マウンドさばきも話題になっている。

ベン・ジョイス投手、エンゼルスが3巡目で指名した投手と言うことですが、彼の直球が約169.8キロと言うことでスゴイですね。。。

メジャーで順調に成長していけば、170キロは超えてくるでしょうね。

もうそういう投手が現れているのですね。

人間の進化によって、もしかしたら未来では投手と捕手の距離が広がる可能性がありますね。

さすがに170キロ以上行くと、なかなか打者は打ち返せず、野球にならないようなことも起こってくるのではないでしょうかね。危険性もありますしね。

ベン・ジョイス投手がどのようなマウンドを見せてくれるのか、早く見たいですね。

——–広告——–
格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

いーとんさんのLINEスタンプ