ロッテ井口監督が試合終了後審判団に強く抗議




ロッテ・井口監督が試合終了後に退場処分 「しっかりジャッジしてほしいということを言っただけです」
いろんなことが積もりに積もってのことだと思う。

始まりは佐々木投手への件、あとはロッテのチーム状況もあると感じる。

井口監督は退場がない選手として、紳士的印象があり、監督でも2回ほどしか退場がない方。

その方が強めに主張したと言うことは、これまでが終わり、これからの始まりを意味するものでもあると感じる。

こうしてメディアに取り上げられる事態が起こることで、野球ファンからも審判に対する意見やら賛否が広がる。話題となり、今後の在り方について考える必要が生じる。

個人的にはロボット審判導入を考える時期に来ていると思う。

都合が悪いことは他国が始めたら行うと言う形はどの業界でも似てるところがあるが、ロボット審判導入は、日本球界が先駆けて行っても良いと思う。

はっきり言って、誤審でのトラブル、審判絡みのトラブルにお金を出して中継を見たいとは思わない。気分が悪いですね。
格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

いーとんさんのLINEスタンプ