ソフトバンク 秋山翔吾も 敗北続く争奪戦


広告


【ソフトバンク】秋山翔吾も…敗北続く争奪戦 あえて敬遠されがちな「条件提示」を続けるワケ
ソフトバンクが選手争奪戦で敬遠されがちな理由を記事では述べている。
「出場保障」を一切認めず、原則的に「指導者手形」を切ることはない。その一方で激しい生存競争に勝てば、他球団とは比較にならない「対価」が得られる。そうした〝ハードル〟が高いところが選手側に敬遠される要因となってると言う見方。

私個人的に思うのは、プロ野球選手は、ビジネスマンではないので、やっぱり野球選手の感覚、野球選手にしかない情と言うものが存在すると感じる。

今回の秋山選手争奪戦で言えば、
ソフトバンクの交渉はあくまでビジネス上の契約のみ。
西武は秋山選手の古巣でもあり、繋がりもあり、選手として引退後の首脳陣としての待遇も用意されていたと思う。

秋山選手が広島を選んだ理由は、個人的に思うのは、選手間での繋がりや菊池選手や會沢選手からの声も大きかったと思います。

球団フロントの人間と話すよりも、グランドで戦う選手同士が離した方が、いろいろ通じるもの、理解しやすいものでしょうからね。

ソフトバンクは今の交渉のやり方では選手は好んで入ってこないと思います。
又吉選手が中日から移籍したのは、東浜投手のとの繋がりがとても大きいと感じています。

交渉方法を見直した方がいいと感じますね。

——–広告——–
格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

いーとんさんのLINEスタンプ