村上宗隆と清宮幸太郎との間になぜ決定的な差


広告


村上宗隆と清宮幸太郎との間になぜ決定的な差が生まれたのか。広岡達朗は「選手は入った球団によって野球人生が決まる」
ヤクルト村上選手とファイターズ清宮選手との差。

これは野球ファンでは飲んでる席でも野球談議の際には必ず出てくる話題と言って良いのではないでしょうか。

村上選手はヤクルト入団時、鬼軍曹宮本ヘッドが球界を代表するスラッガーに育てなくてはならないと、野球のみならず、グランド外での振る舞いなども含め、厳しい指導をされてきたという話は有名です。

それになにくそ精神で立ち向かって成長してきた村上選手。
今じゃ、球界を代表するスラッガーと成長しました。

清宮選手。
高校通算本塁打記録で一時は王さんの記録を抜くのは彼じゃないかと期待が大きくプロへ入団。

ファイターズの育成方針でもある野放し。
まったくもって良さは出ず、むしろバッシングがとてもすごかった。

今年新庄監督となり、清宮選手のダメな部分を明確にし、指摘して、厳しい指導に変わったおかげで少しずつ清宮選手の良さが出てきているのだと思います。

この差に関しては、厳しい指導が必要なのか、野放しが良いかはケースバイケースであり、清宮選手が成長してくれていたら野放し育成、選手の良さを生かす、意思を尊重する育成が評価、注目されたと思います。

ただ、村上選手と清宮選手の差に関しては、厳しく育った村上選手の指導方法が結果として正しかったと言うことになりますね。

プロ野球では結果が全てですからね。

アマチュアでは選手の潜在能力を活かすことを目的に指導することが求められても良いとは思いますが、やはりプロでは、ファンもあることですからね。

しっかり結果を出せる指導方法、各選手に応じた、各選手にフィットする指導方法をすることが大切だなと感じます。

——–広告——–
格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

いーとんさんのLINEスタンプ