西武辻監督 清宮危険スライディングに物言い


広告


西武・辻監督“清宮危険スライディング”に物言い、代走“遅延行為”も指摘 4時間49分死闘ドロー
源田選手かなり痛そうでした。。。。
立てなかったですからね。。。。

あれは本当に危険なプレー。
清宮選手は必至のプレーからやってしまったという感じだと思います。

意図してあのようなプレーが出来る程、あの場面で清宮選手には余裕はないと思います。

それほど走塁が上手い選手ではありませんのでね。
おっちょこちょい清宮選手が出た形ではありますが、相手選手の選手生命を奪う可能性もある為、今後、あのような行為を結果的にやってしまわないようにチームが教育、指導するべきですね。

野球と言っても奥深いもので、プロでも理解できていないこと多々あると思います。

野球教育と言うものを改めるきっかけとしたら良いと思います。

両選手お互いに大事に至らなくてよかったです。

——–広告——–
格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

いーとんさんのLINEスタンプ