生活保護 地域再編見送り 支給額減に与党から慎重論

広告

生活保護、地域再編見送り 支給額減に与党から慎重論
厚生労働省は2日、生活保護の支給額に差を設ける地域区分「級地」の再編を見送る方針を固めた。現行の6区分を3区分に変更する案を検討してきたが、多くのケースで支給額が下がる可能性があった。物価高に加え、与党などから慎重論が出たため、現在の6区分を維持する方向だ。複数の関係者が明らかにした。

生活保護制度や年金制度よりもベーシックインカムへ目を向けて具体的な形を考え、進めてほしいですね。

今後も生活保護申請者は増加していくと思います。
それだけ社会は生活困窮者が増加し、現在の社会保障システムでは間に合わない時代になっているということだと思います。

——–広告——–
https://www.xdomain.ne.jp/